最近は連日の自転車通勤ができています。
今日の帰路では、いつもと違うものを見ることができました。

2006年9月29日(金)



職場の昼休み。
仕事に関係する研修関係の件で近くの金融機関に行きました。
その際に、きれいな芙蓉の花を見つけました。



これまたきれいな花!



勤務時間が終わっても まだ仕事が続きます。
疲れた眼を安めにに、建物の3階に上がり夕陽を眺めます。
間もなく日没。



仕事の区切りがつきましたので、帰路に。
水度神社参道脇にある「玉池」周辺では、今日から「光のページェント」が開催されています。
規模は小さいですが、とっても素敵です。



玉池の横にある「夜叉ばあさん」の樹。
彼岸花が咲き誇る中、きれいな光が近くにあるので夜叉ばあさんも嬉しそう!



御拝茶屋八幡宮近くに、高さ3mもある灯籠が最近完成しました。
この場所は奈良街道の奈良と京都の中間地点にあたり、西にある石清水八幡宮がある男山を見ることができる場所です。
平安時代には貴族達が行列の足を止め、男山を拝んだんだそうです。
今は灯籠の背後には夜の闇が広がり、遠くの男山がシルエットで かすかに見えます。
でもこの西の方にマンション建設の予定があるとか。
御拝茶屋八幡宮の宮司さんが、「マンションができる前に」と考えて建立されたんだそうです。
ここから男山を見る事ができるのは、果たしていつまでなんでしょうか・・・・。
失われ行く風景に、とっても切ない思いを持ちます。





たかが通勤、されど通勤。
自転車ライフって本当に素敵です。
通勤の帰路でさえ、「小さな旅」を味わうことができるのですから・・・。


ホームに戻る


























































SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO