今日は、新潟遠征の第8日目。
ホテルを出る時に、全ての荷物を持ってチェックアウト。
「もうここに戻ってくることはないんだな」と考えるとちょっぴりおセンチになりました。
午前中で柏崎での全ての勉強が終了し、午後からは閉講式のみ。
昼の休憩で再び海に行き、そして午後からの閉校式を無事に終え柏崎を後にして再び新潟市へ。
新潟市では、新潟遠征の最後の夕刻・夜をウオーキングで満喫しました。

本日のウオーキング歩数、約20,000歩。

2006年8月3日(木)




勉強最終日。
午前中の勉強を終えて昼休み!
全日と同じ店でラーメンを食べてから、海浜公園へ向かいます。



「新潟県立柏崎高等学校・開校の地」の石碑が。



「開校の地」は、今ではお寺になっています。



海岸着。



とっても綺麗な海水浴場ですが、平日だからなのか人影はまばら。



素晴らしい柏崎の海。



アクアパーク横通過。



アクアパーク近くの幼稚園の園庭では、もうカエデの葉が一部赤くなっていました。



日柳燕石の墓。



柏崎には、歴史にまつわる様々な場所があったようです。



昼休みが終わり閉校式も無事に終了。
荷物を持って柏崎駅に向かいます。
4日間の勉強の会場ともお別れ。



柏崎駅構内へ。



とっても広い(長い)駅構内。
ホームのどの位置で電車を待てばよいのかよく分かりません。



JR東日本の普通電車。
この電車には乗りません。



乗る電車がやってきました。
普通電車の新潟行きです。



乗った車両ではなぜは扇風機が回っていました。
暑いので「普通電車には冷房がないのかな?」と思っていると車内放送が。
「前から2両目の車は冷房が故障しております。」ですって。
1両目の車両に乗り換えます。



の〜んびりと普通列車の旅を楽しみます。



あれは何だろう??。



神社でした。
やけに巨大な神社が見えてきました。



越後岩塚。
この駅の近くに巨大神社があるようです。




新潟県は穀倉地帯。
水田が広がります。



三条着。



浴衣姿の娘さん。
この時期は新潟各地で夏祭りが開かれているようです。



特急列車とすれ違い。



「ワンマンカー」と書かれた電車に追い越されました。



かめだ・・・。
あのボクシングの判定は明らかにおかしい。
ではなくって、このかめだってひょっとして「亀田のあられ」の亀田かな??



広大な水田風景がずっと続きます。



新潟にずいぶん近づいた雰囲気。



上越新幹線の高架。



新潟到着!



なんと。
気温が30℃もあります。



新潟の最後の夜をお世話になるホテル着。



新潟最後の夕刻はウオークで新潟市を探索することにします。
ホテルの部屋に荷物を置き、早速ウオーキングに出発。
朱鷺メッセの案内が。
でも朱鷺メッセ方面へは行きません。
朱鷺メッセは新潟島にあります。
新潟島へは新潟みなとトンネルを通って渡ります。



よく分かりませんが、、おそらくまっすぐに行けばいいはず。



新潟は酒どころ。



港には多くの警備艇が停泊。



海保の船がエンジンをかけて出港準備中。



県警の巡視船。



海の雰囲気を満喫しながら速歩。



船舶用燃料でしょうか。
たくさんのドラム缶が山積。



何かのタンク。
燃料ではないようです。



陸地のかなり先端まで来ました。



夕陽に照らされる港。



陽がかなり傾いてきました。



渡船のお店でしょうか。



きれいな花を見ながらウオーク。
間もなく「新潟みなとトンネル」。



「山の下みなとタワー」方面へ。
新潟みなとトンネルは自動車専用です。



山の下みなとタワー着。



エレベータで地下へ。
このエレベータには自転車も乗せられます。



最下部でエレベータから出て外へ。
入れ違いに、自転車の人が乗り込みました。



「入船みなとタワー」目指して、いざ進撃開始!



歩いていて、何だか船酔いした時のような気分がしてきました。
川の下の柔軟な地盤にパイプ状のトンネルが通っているようなので、並行している車道を走る車の振動で揺れるのでしょうか。



まだ先は長い・・・。



すわ、敵の煙幕攻撃?!
そうではなく、これはトンネルの中間付近で気温がかなり低くなり霧が発生したもの。
涼しくて汗が一気にひいていきます。



半分を越えた!



入船みなとタワー下に到着。
新潟みなとトンネルの説明を見ます。



入船みなとタワーへ上がります。



エレベータが見つからないので階段を使って展望台へ。
階段の途中で美しい夕陽を見ます。



タワー展望台着。
ガラス張りで見るより、海に沈む夕陽を直接見たいなあ・・・。



タワーから出て夕陽を見ることに。
やはりエレベータがどこか分からないので、階段で下ります。



階段の窓越しに見る日没直前の雰囲気の夕陽。



外へ。
あれ?!夕陽が見えない!
展望台を下ってきたことを後悔しました。



よし。
もう一度あのタワーの展望台目指して階段を駆け上がろう!



日没に間に合いました。
タワー展望台から見る日没。



いい天気だったのに、やはり夕陽は水平線に沈まずカスミの中に沈みます。



タワーを降りようとしてエレベータを見つけました。
シースルーだったのです。
見つけにくいはず。
さっきまでこれは窓だと思っていました。



エレベータ到着。



新潟みなとトンネルの案内。



トンネルの下部は地下24mもの深度なんですね。



新潟みなとトンネルを貫通する道路。



新潟島の探索開始。



空には キレイなお月さまが。



日和山展望台着。
展望台の向こうには美しい残照。



夜の帳(とばり)に包まれる直前の海。



ホテルを目指して速歩。
街の明かりがとてもきれい!



テクテク。



万代橋着。



万代橋を渡り、新潟島とお別れ。



ホテルで夕食。
このメニューに生ビールと食後のコーヒーがつきます。



夕食場所は「四川」という中華料理店。



食事を終えて万代橋の夜景を楽しみます。



更けゆく新潟最後の夜。



明日はもう新潟を去ります。
さようなら新潟・・・・・。



コンビニで缶ビールを買ってホテルまで戻りました。
さてさて、部屋で一杯やっか。(^_^)v




新潟最後の夕刻〜夜をウオークで締めくくることができました。
新潟って本当に素晴らしかったなあ・・・。


ホームに戻る











































SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO