多忙な今、夕刻トレーニングはできません。
夜間に用事があったのでその場所に急ぐ途中で、男山の向こうに沈む美しい夕陽が顔を出してくれました。

2006年7月7日(金)



天気予報では午後から雨が降るかもしれないとのことでしたが、実際には降りませんでした。
雲が多いi1日でしたが、夕刻には疲れた人々を癒すようにお日様が少しだけ顔を出してくれました。



男山の向こうに沈む美しい夕陽。



空梅雨のような印象さえ受ける京都府南部。
しかし、九州地方を中心に大きな水の被害。
「地球が病んでいる」とさえ思えてきます。
「地球温暖化防止にとって私は一体何ができるのか」ということを常に考え、そして実践していこうと思います。



ホームに戻る








































SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO