今日は夜間に用事がありました。
しかし勤務終了後に時間があったので、夜間の用事までの時間を利用して今日も男山で山岳トレーニングを行いました。

本日のトレーニング歩数=およそ4,000歩。

2006年5月18日(木)




相槌神社前着。
しかし、今日はここから登りません。



安居(あんご)橋の西詰通過。



何て書いてあるのかなあ・・・・・。



こんな風に書いてあるようです。



航海記念塔通過。



航海記念塔の近くにこんな石碑が抜いた状態で立てかけてありました。
「谷不動堂道」と刻まれています。
おそらく「杉山谷不動尊」を示す道標だと思われます。



杉山谷不動尊境内へ。



餘部鉄橋よりも高く日本一の高さを誇ると言われる、男山ケーブルの橋脚。



杉山谷不動尊着。
参拝します。



標高を上げます。



神応寺着。



西山連峰に雲がかかっています。



歩いているのは「こもれびルート」。



鉄橋下を歩いている時に頭上をケーブルカーが通過しました。
しばらくはケーブルカーの通過はありません。



「八幡たけくらぶ」の皆さんの作品。
数日前には下から生えてきた細い竹に覆われかけていたのですが、竹はもう刈られていました。



「エジソンの電球」のフィラメントになった男山の竹。
その竹を見ながら更に標高を上げます。



薄暗い山道を進撃。



坂を上がりきり平坦路になりました。
汗でシャツがかなり濡れてしまいました。



八幡市で最も標高が高い場所着。



二等三角点の説明。



二等三角点「八幡」(はちまん)。



三角点付近には「国分寺跡」が。
国分寺って何だったかなあ・・・・・。
調べてみました。
「国分寺とは聖武天皇が国の平和を願って造らせたお寺。」って分かりました。
741年に建てられた奈良の東大寺を最初として全国各地に造られたそうです。
こんな場所にもあったんですね。(@_@;)




標高を下げて展望が開けました。
夜の暗さから再び夕刻の明るさに。



男山レクレーションセンターの向こう側の空。
雲が面白い形で切れています。
何だか梅雨空のような雰囲気があります。



更に標高を下げます。



「黄金の竹」と呼ばれる金明孟宗竹(きんめいもうそうちく)が植えてある場所の前を通過。



男山レクレーションセンター入り口前着。



レクレーションセンター前の案内板。



走上り(はしあがり)道との分岐通過。



密集した竹を眺めながら、石清水八幡宮本殿を目指します。



エジソン記念碑着。



エジソン記念碑近くにある八幡市内の観光案内板。



再び夜のような雰囲気に。



本殿着。



参拝します。



参拝を終え本殿を後に。



表参道から下山。



たくさんの灯篭が並んでいます。
徒然草では、仁和寺の僧が本宮に行かずに摂社だけ見て帰ったってことが載っているとか。
つ、徒然草ねえ・・・・・。
遠い昔にそんな名前は聞いた記憶がかすかにあるにはありますわ。(^_^;)



久しぶりに下る表参道。



そう言えば、お腹が減ってきたなあ。



う、うまそう!
でも営業はしていません。
この店が営業しているのを見たのは、八幡宮の例大祭の日だけです。



間もなく下山完了。
右下に相槌神社が見えてきました。



下山完了。
「下馬」の石碑着。



「東高野街道」の石碑。
この辺りは高野山を目指す人達の参拝道でもあったのです。
さて、早く着替えて夜間の用事がある場所に行かなくては!




1時間足らずの山岳遊撃トレーニング。
でもたった1時間とは感じられない濃い時間を持てました!

ホームに戻る





















SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO