今日は夕刻トレで、宇治公園へ。
南郷洗い堰がほぼ全開で琵琶湖の水が宇治川に流れ込んでくるため、天ヶ瀬ダムの放流で宇治川は大増水。
ダムのゲートが2門開けられていましたが、この時期の大量放流は8年ぶりだとか。
ぐずつく天気で降り続いた雨により、琵琶湖がかなり増水し始めたたためです。


本日の走行距離不明。(サイクルコンピュータが盗まれてしまいました。(T_T)  )

2006年4月13日(木)




宇治川左岸着。
サクラを観に来たのですが、宇治川の大増水に驚きました。



増水のため、塔の島への立ち入りは禁止されていました。



左岸沿いに上流へ。
吊り橋着。
増水と急な流れで、水が渦を巻いたり逆流している場所がありました。



天ヶ瀬ダム下の橋着。
ゲートが2門、開放されています。
流れてくる水の勢いが半端ではありません。



ダムの上を目指します。



上に着くと、既に夜の闇が迫っていました。



ダム上部へ。



すごい放流の勢いにビビリまくります。(@_@;)。



ダムのゲートから流れ出た水は、咆哮を上げながら宇治川下流に突進していきます。



この迫力!!



ダムの対岸着。



迫る夜の闇を、ライトアップのオレンジ灯が切り裂きます。



放流のほぼ真上からダムの下を見ます。
まともに見るのは怖いので、足場がある上から覗き込みます。



宇治川左岸側へ戻りました。



天ヶ瀬ダムを後にして北進。
無人の暗闇に、サクラの花と提灯。



京阪電車・宇治駅前着。



宇治橋東詰めでは電光掲示板でダムの放流が表示されていました。









ぐずつく天気で、サクラの花もかなり散りました。
でもまだ持ちこたえている花があります。
そんな花を観に宇治公園に行ったのですが、宇治川の増水で塔の島へ渡ることができませんでした。

それにしても宇治川の大増水の迫力。
水の、そして自然の威力を実感します。






ホームに戻る





































SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO