今日は帰宅してから、昨日買った幽霊子育て飴を開封しました。

2006年1月30日




飴の梱包を解きました。



飴が姿をあらわしました。



とっても素朴な麦芽糖の飴。
黄色い紙には次のように書かれていました。

今は昔、慶長4年京都の江村氏妻を葬れし後、数日を経て土中に幼児の泣き声あるをもって掘り返し見れば亡くなりし妻の産みたる児にてありき、然るに其の当時夜な夜な飴を買いに来る婦人のありて幼児掘り出されたる後は、来らざるなりと。此の児8才にて僧となり修行怠らず成長の後遂に、高名な僧になる。
寛文6年3月15日68才にて遷化し給う。
されば此の家に販ける飴を誰いうとなく幽霊子育ての飴と唱え盛んに売り弘め、果ては薬飴とかでいわるるに至る。洵に教育の上に、衛生の上に此の家の飴ほど良き料は外になしと今に及んで京の名物の名高き品となれりと云う。

みなとや幽霊子育飴本舗







古い歴史を持つ京都。
その京都では過去の歴史や言い伝えが脈々と語り継がれ、そしてそれが「形」として今でも数多く残っています。
京都って素晴らしい!





ホームに戻る





















SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO