今日は勤務終了後に、夕陽を見ることを目標として夕刻トレに出発。
流れ橋+男山か、それとも宇治橋+大吉山か迷ったんですが、結局宇治橋+大吉山に。
宇治橋についた時点で既に日没が終わっていましたが、大吉山へアタック!
大吉山の上りでいい汗をかいた帰路、下山路はもう濃い夕闇に包まれていました。

本日の走行距離、約20km。(正確には不明=サイクルコンピュータ断線中。大吉山自転車登山を含む)

2005年9月30日(金)




大吉山登山口着。
夕陽を見るどころか、もう薄暗くなっています。(>_<)



登山口の足元には、大吉山の案内が。



前照灯を点灯して暗い山道を上がりきり展望台着。
西側の空にはまだ少しだけ明るさが残っていました。



宇治市街を眺めるモスラ号。



黄昏時の宇治橋周辺。



大吉山から慎重に、ゆっくりゆっくり下山し京阪宇治駅近くへ。。
なぜゆっくりと下りたかというと、前照灯を2基装着したスペースグリップはガタガタと激しい振動にとても弱いのです。
もう2つも壊れ、今のもので3個目のスペースグリップを大事にしなくてはなりません。



旧宇治橋の「三の間」前。



京阪宇治駅前着。



京阪宇治駅舎。



駅プラットホームの見える宇治川右岸堤防へ。



独特の構造の京阪宇治駅。



とっても面白い設計の駅。



ズーム!



京阪宇治駅を後にして、宇治橋を渡ります。



紫式部像前着。



平等院通り商店街へ。



喜撰橋近くへ。



さて、帰路に!



宇治の案内看板に小人ちゃんは似合わないと私は感じます。
見る者と、そして設置者との感性の違いですね。






職場を出てから夕刻トレをして、そして帰宅モードに入るまでの時間は ほんの1時間ほあまり。
それでも身も心も充実&リフレッシュ!
自転車の素敵さを今日もかみ締めながら、真っ暗な道をゆっくりとペタルを漕いで帰宅しました











ホームに戻る





















SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO