今日は 久々の長距離夕刻トレで、勤務終了後に浜大津へ。
とってもきれいな浜大津を楽しんだのはいいけれど、帰路でずっと名神沿いに走ってしまい、ふと気がつくとぜんぜん知らない所。(>_<)
ペタルの回転を上げて走りながら、越えなければならない山越えの道に!
山越え道は真っ暗で、途中でかなりきつい坂になってきたので諦めて再び名神沿いへ。
そしてかなり大回りしたものの無事帰宅。

越えようとした山は、どうやら越えてはいけない山のようでした。
というのは、いつも山科側から見えている高い山の反対側にいたと思ったのですが、そうではなくいつもの位置で山を見ていたのです。
あの山を越えたら、またまた琵琶湖に行ってしまっていたのかなあ・・・・・・・・。(^_^;)

2005年9月7日(水)


本日の走行距離 約80km=通勤距離を含む。(正確には不明=サイクルコンピュータ断線中)



夕日に照らされる大吉山が見える、宇治橋西詰め着。



「旧陸軍弾薬庫引込み線跡」高架下通過。
何度見ても、形状が愛宕ケーブルの高架とそっくりだと感じます。



夕日に照らされる山科川沿い自転車・歩行者専用道を走ります。



名神高速道路沿いの名神ゴルフクラブ前通過。



名神高速沿いの道で日没近くになりました。



名神をまたぐ高架橋の向こうに日が沈みます。



美しい夕日をもう1枚。



逢坂越えの上り坂をえっちらおっちら。



雲が多いけれど美しい日没後の空。



心和ませるものがありました。
薄暗くなってからのこんな灯りは、心にしみます。



少し横にはこんなものが。
いったいこれは何だろう?



大津算盤の始祖だそうです。
こんなものがあるのは、今まで気がつきませんでした。



台風の余波でしょうが、かなりの強風。



逢坂山ののぼりを上がりきりました。
さて、くだりです!



日没後の夕焼けに染まる大津市街へ。



浜大津港着。
夕焼けがとってもきれい!



夕焼けを背景に見る、日没直後の美しい琵琶湖花噴水。



花噴水をしばらく眺めてます。



本当にきれい!



残照があるうちにミシガンを見に来ました。



モスラ号@ミシガン前。



素晴らしい風景を見て、ここまで汗だくで走ってきた疲れが吹き飛びます。
って言っても別に疲れていませんが。(^_^;)



ミシガンに乗る人は、ここから乗り込みます。



琵琶湖岸にたたずむモスラ号。



大津港から見る琵琶湖の風景は、日没後刻一刻と変わります。



光溢れる浜大津港周辺。



琵琶湖花噴水の放列。



日没後、雲が切れてきました。



「月星マーク」を連想するような空。



かなり暗くなってきたので、そろそろに帰路つくことにします。
一日ももう終わり。



いい子は早く家に帰らなくては!
また来るよ〜。



浜大津港の端。
ここから国道に向かいます。






日が短くなりましたが、そのことに季節の移ろいを実感します。
3時間半の小旅行で、使った経費は0。
そして身も心もリフレッシュできました。
自転車って、本当に素敵だな。(^_^)v







ホームに戻る













SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO