今日は夜間に用事があるので、車での移動になりました。
それでも、夕刻に少しだけ山岳遊撃実施。
遊撃場所は、男山。
蒸し暑い一日で、短時間の山岳遊撃でTシャツを絞れば汗が滴り落ちるほどの汗をかきました。
八幡市中心部は標高0mに近いところもありますので、短時間で142.5mまで一気に標高を上げる登山はそれなりの素晴らしさがあります。

本日のウオーキング距離、約4km。(男山登山)

2005年9月1日(木)



安居(あんご)橋前通過。



航海記念塔着。
少しだけ寄ってみます。



にゃ、にゃんだね君は?!
こんなところに・・・・。(@_@;)



山岳遊撃開始。
まずは杉山谷不動尊を目指します。



頭上に覆いかぶさる木々の枝葉で、もうかなり薄暗い参道。



杉山谷不動尊着。



無人の境内ですが、参拝者用に電灯が灯されています。



杉山谷不動尊を後にして神応寺を目指す途中で、目の前を通過するケーブルカーを目にしました。
この場所でケーブルカーを見るのは初めてです。



雄大な男山ケーブルの鉄橋。
この橋脚の高さは日本一だと言われています。



線路がよく見える場所着。



線路をズーム!



きつくなった傾斜を汗だくで上がります。



八幡市最高点着。



三角点の説明板。



三角点。



標高を下げます。
男山レクレーションセンター近くの金明孟宗竹。



金明孟宗竹の説明板。



岩清水八幡宮着。



展望台へ。



展望台から少し下り、ケーブル山上駅へ。



山上駅に停車中のケーブルカー。



ケーブル巻揚装置のライブ映像。



発車到着のライブ。
停車中のケーブルカーが山麓駅のものなのか、それとも山上駅のものなのかは不明です。



ケーブル山上駅を後にして、暗い道を走るように下ります。






湿気の多い一日で、1時間ほどの山岳遊撃でしたが大汗をかきました。
それでも、蚊に一切刺されない速さで行動しました。
活動的な秋に備えて、無理をしない範囲で寸暇を惜しんで山岳遊撃や自転車散歩を楽しもうと思います。
若〜者よ〜
 体を鍛えてお〜け♪ (^_^;)



ホームに戻る
















SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO