今日から青森へ遠征。
勉強に行くのですが、2日前に出発して正味1日半の青森観光を計画しました。
その第1日目です。

2005年7月31日(日)





JR宇治駅着。
電車がやって来ました。



京都駅着。
ここまでは順調だったんですが、新大阪方面に行く快速はこの時間帯にはいつもと違うホームでした。
それに気づかずにホームでウロウロしていると、何と向かいのホームから新快速が発車してしまいました。(T_T)



仕方ないので次の電車に乗り新大阪へ。
ところがバスに乗ろうとすると、バス会社の人から「しばらく来ないからタクシーで行った方がいい」って言われてしまいました。
そんなに遠くないだろうと思い、タクシーで空港へ。
ところが、5,000も料金がかかりました。
そんなこんなで伊丹空港着。



早く着きすぎたので、展望デッキでしばし飛行機を見学。
こんなことならモノレールで来ればよかった。
トホホホ・・・・。



ジャンボジェット機。
大きい!



そろそろ乗り場へ。
えらく遠い所に・・・・・。



これが乗る飛行機です。
プロペラ機でなくジェット機でした。♪



搭乗口着。



いざ、機内へ!



本当に久しぶりの飛行機。(^^)v



離陸完了!
大阪の街がグングン下になっていきます。



淀川ともしばらくお別れ。



伊丹〜青森間は、1時間20分。
機内にはこのようなモニターがあり、現在位置の確認ができます。



下界で曇っていても、雲の上はどこまでも広がる青空。
♪北の〜スズラン〜 南〜のパインの♪
などと吉永小百合が歌っていた歌の歌詞を思い出しました。
高度およそ8,000m。



雲を眺めていても全然飽きません。



かすかに陸地が見えています。



あっという間に到着。
陸奥湾が見えてきました。



着陸成功!



飛行場からバスに乗り青森駅着。



早速レンタサイクルを借りて青森市内探索開始。
レンタサイクルは、たったの200円でした。
安い!
まずはベイブリッジへ。



とってもきれいな橋。



「青い海公園」着。
公園名に助詞が付いているのって何だか面白いです。
でも、本当に青くてきれいな海。
子どもねぶたがありました。



もう1つ。
まだまだあるのですが、時間の関係で2つだけ見ることにします。



次は、青函連絡船だった「八甲田丸」へ。
前方に八甲田丸の姿が見えてきました。



左手にベイブリッジを見ながら進撃。



本日の私の足である自転車。
「八甲田号」と名づけました。



青函連絡船時代の風景の再現。
それにしても、えらく昔の風景のような気がしますが・・・・。



かわいい人形。
これも当時の風景の再現です。



鐘。
鳴らしたら、音の大きさにびっくりしました。
そういえば、「たがために鐘はなる」なんて文学作品がありましたねえ・・・・。



甲板へ。
海がとってもきれい!



今でも十分に使えそうに思える設備。



巨大な煙突。



人や車だけでなく、列車もそのまま積んだ青函連絡船。
とにかく巨大です。



上がることができる最高点まで上がりました。
365度の展望が広がります。



ベイブリッジ方面を望む。



この日は、八甲田丸の記念日。
青函連絡船時代の出航風景の再現が行われました。
観客は10名ほど。
スタッフが十数名。
テレビ局が3社も来ていました。
観客が少ないので私もテレビカメラででガンガンに撮影されましたが、全て地元テレビ。
きっと皆さん方の目には触れなかったことだと思います。



飛行機の操縦室と同じで、ここには関係者以外は絶対には入れなかったそうです。
スタッフは全て当時の現役乗組員。
最後の青函連絡船の船長さんもおられました。



出航風景の再現が終わりました。
スタッフの方の案内で船内を周ります。
列車がありました。



時化の時でも列車が動かないように、この金具で列車を固定していました。



たくさんの列車があります。
スタッフの方の話では、列車がいくら乗せられても喫水はほとんど変化なかったとか。
何だか不思議な気がします。



懐かしい型の列車!



当時の姿そのままで、保存されています。



貨物列車でしょうか・・・。



機械室へ。



この一角は普段は立ち入り禁止。
でもこの日はスタッフの方の案内で、堂々と入れます。



細かい機械について、詳しく説明を受けました。



八甲田丸を後にし、津軽海峡冬景色歌謡碑着。
石碑の中にオーディオが仕込まれていて、「津軽海峡冬景色」の歌がずっと流れていました。



八甲田丸の雄姿。



海上保安庁の巡視船「おいらせ」。



ズーム!



巡視船は、八甲田丸の近くに停泊しています。



列車休憩所。



様々な船が停泊しています。



青森港を後にして浅虫温泉を目指します。
青森から20km弱です。
海が素敵!



浅虫温泉付近の風景。



浅虫温泉。
ここ道の駅「ゆ〜さ浅虫」で温泉に入ります。



いざ館内へ。



温泉から上がりました。
あっつう。
かき氷をいただきます。
これはイチゴ味ではありません。
名前は忘れましたが、ブルーべり^とよく似たフルーツのカキ氷です。



さて、青森へ撤退〜!



ひと休み。



青森まで戻ってきました!



日が落ちてから再び「青い海公園」へ。
子どもねぶたに灯りが入っています。
キレイ!



ここにも。
時間が遅かったので、灯りが入っていたのは二つだけでした。



青い海公園付近を散策。



青森市街の夜景。



観光物産館「アスパム」。



美しい夜景。



いつかぜひ愛妻と共にこの風景を見に来たいなって、心から思いました。



夜の青森駅。



青森にこんな素晴らしい夜景があるなんて考えてもいませんでした。



ライトアップされたベイブリッジ。



♪ひと〜りぽっちの夜〜 ♪
坂本九さんの歌を口ずさみながら、godzillaはニヒルに海を後に・・・。
青森の初日、素晴らしい夜景を見て締めくくることができました。
でも寂しいよう。(T_T)






久しぶりの飛行機と、遠くまでの旅行。
子どものように胸が高鳴ります。
青森の素晴らしさを心から堪能した半日になりました。



ホームに戻る
















SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO