今日は夜間に用事がなく、しかも家に早く帰る必要があったので、忙しい時期ですが勤務時間終了後1時間ほど仕事をしただけで帰宅しました。
帰宅後用事を済まし、久々の自転車散歩を楽しみました。
天ヶ瀬ダムの放流で増水した宇治川を見て、防災への心構えを新たにしました。

本日の走行距離=10km未満。


2005年7月6日(水)





宇治橋西詰着。
宇治川が驚くほど増水していました。



増水のため、塔の島は立ち入り禁止に。



シーズン真っ只中の鵜飼も、増水のため中止なか。



この赤い橋の下は普段はチョロチョロとしか水が流れていませんが、今日はこんな状態。



喜撰橋。



塔ノ島の南端が水に洗われています。



ズーム!



南進します。
対岸の民宿亀石近くの飲料水自動販売機が「水に沈んでしまうのではないか」と思うほど水面が上がっています。



天ヶ瀬吊り橋が見えてきました。



モスラ号@吊り橋。



天ヶ瀬ダム着。
3門のメインゲートが全て開放されていました。



ズーム!



水しぶきがかかるほど。
涼しい!



多くの河川が流れ込む広大な琵琶湖の水の出口は、疎水と宇治川だけ。
天ヶ瀬ダムのこのちっぽけなゲート3門が、疎水の流れを除く琵琶湖からの水の全てを引き受けているのでです。



天ヶ瀬ダム下の橋で右岸へ。
怖いほど増水した宇治川を眺めながら北進。



増水にあえぐ宇治川の向こうに、雲に沈んだ夕陽のオレンジ色が見えています。



観流橋。
増水で、発電所からの水の流れを見ることはできません。



朝霧橋前通過。



川の様子が普段とは一変しています。



宇治橋三の間。
再び左岸へ。



世界文化遺産の平等院近くの左岸から見る宇治川。


空梅雨が一転しての大雨。
直接の被害はないものの、その大雨を実感する光景。



すごい水量。



塔の島が沈みかけ。



連合艦隊発見!
じゃなかった。(^_^;)
鵜飼が中止されたので係留されている船。
ぐるりと周ってここまで帰ってきました。



さて、帰ろうっと。






忙しくて夕刻トレはできませんが、それでも短時間の自転車散歩は時には可能。
「寸暇でも惜しんで有効に使う」というのが、私のモットー。
今日は短時間でしたが、とっても中身の濃い自転車散歩ができました。(^^)v



ホームに戻る













SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO