今日は金曜日。
明日から雨のようですので、職場を出る時間は遅くなりましたが、しばし夕刻のランを行いました。
「城陽巡り・3日目」でした。

本日の走行、約20km。(正確には22.02km=通勤距離含む)

2005年6月10日(金)




富野荘の法念院着。
時間があまりないので、参拝しないで次の目的地へ。



水主(みずし)神社着。
境内には、式内社の樺井月神社があります。



水主(みずし)神社本殿。
中には入れませんでした。



城陽の荒州イモ畑。
この辺りでは、とてもよいイモができるのです。
それは、木津川の流れに深い関わりがあります。
木津川は、以前はよく洪水を起こしていたのですが、その川の氾濫は人々に被害を与えただけでなく、で肥えた泥を運んできました。
この泥は、イモの栽培に適した砂地で良質の土壌をつくったのです。



タイムスリップしたような家並。



近鉄久津川駅近くの平井神社着。



境内から近鉄久津川駅待合室が見える場所にありますが、とっても静かな境内でした。



本殿は、江戸時代に建立されたようです。



様々な歴史を見てきたであろう、狛犬。



散々探してやっと見つけた「指月の碑」。
散々探して見つけたのはいいけれど、この石碑ってどういうものなんだろう・・・・・? (?_?)





ほんの1時間ほどの夕刻の走り。
それでも、素晴らしい体験ができます。
歴史ある城陽を実感する時間が持てました。





ホームに戻る













SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO