夕刻トレーニングで、京田辺市の甘南備山(かんなびやま・標高217.5m)へ。

本日の走行距離、約30km(正確には30.12km)

2005年5月30日(月)




職場を出てひた走り、甘南備山視認!
正面のひときわ高い山です。



甘南備山・薪登山口駐車場着。
無料駐車場は車が5台ほど駐車できます。
駐車場にある案内板を見ます。



薪登山口には旧登山道と、そしてゲートがある新しい登山道があります。
新しい登山道を、エッチラオッチラ。



実はこの甘南備山は、別名「水晶山」。
良質の水晶が採れるのです。



水晶のかけらがないか、少し探してみることにします。



こんな穴がいっぱい開いていました。
良質の水晶が採れるので、この穴ではないのかもしれませんが、業者が機会で掘削して盗る場所もあったようです。



水晶の破片は見つからなかったので諦めて更に標高を上げます。
三角点と展望台は別の場所にあるので、まず三角点を目指します。



三角点着。
三角点の標高は201.6m。



三角点。



三角点からの眺望。
雲が多く、そして霞んでいるので視界が悪いのが残念。(T_T)



三角点を後にして、結構離れた場所にある甘南備山展望台着。



展望台からの眺望。



展望台を後にして、展望台のすぐ近くにある神奈備神社へ向かいます。
途中で眺望がいい所がありました。



神社の説明板。
甘南備(カムナビ)というのは、カムは「神」、ナは「の」、ビは「火・辺・備」。
つまり「神様が鎮座する場所」という意味の山のことだそうです。



眺望の案内石板。
天気がよかったらしっかりと時間をかけて見るのですが、今日はチラリと見ただけでっす。(^_^;)



神奈備神社本殿。
とってもこじんまりしています。



甘南備山から下山。
田んぼに張られた水を眺めながら走ります。
もう田植えが始まっていました。



木津川左岸を北進。
今日は流れ橋を渡って帰宅することにします。
さて、急ごうっと!






初めて行った甘南備山。
何だか不思議な雰囲気の、そしてとっても素敵な山でした。
付近には古墳も多くあるようです。
ほとんど行ったことがなかった京田辺市。
近場で まだ行っていない素敵な所が、まだまだありそうです。



ホームに戻る












SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO